新宿第二保育園 おひさまを守る会

アクセスカウンタ

zoom RSS 新宿区中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例の一部が改正されます。

<<   作成日時 : 2010/12/16 14:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2010.12.2 平成22年 新宿区議会 第4回定例会の環境建設委員会で下記の条例の改正議案が可決されました!!

子どもの健全な生活環境の維持に資するため、中高層建築物の建築により影響を受ける『近隣関係住民』の範囲に、「中高層建築物から一定の範囲内に近隣する幼稚園、学校、保育所、子ども園等に通う子どもの保護者及びその範囲内において実施される学童クラブ事業を利用する子どもの保護者」を加える等、所要の改正を行う。

2009年1月 新宿第二保育園の東隣地に計画されたオリックス不動産による高層マンション計画の問題をきっかけに、提案された条例です。

当時、保育園への日照・保育環境・子どもたちの健康や安全に配慮のない建築計画に保護者は唖然としました。
また、詳しい説明や話し合いを求めた際に「(近隣関係住民ではないので)説明責務はない。」と言われ、当事者である子どもの保護者が否定されたことに対しても驚きと悔しさでいっぱいでした。

「子どもたちを、保育園を守りたい。」
それから保護者による、「新宿第二保育園 おひさまを守る会」の活動が始まりました。
新宿区長への面会、オリックス不動産への計画変更の署名活動、建築調整課・保育課へのお願い、イベントへの参加、チャリティーバザー等、仕事と子育てで精一杯の保護者たちが一生懸命活動を続けてきました。

条例改正のお願いもその一つです。建物を計画するにあたり、「日照への配慮、保育園という公共性の高い児童福祉施設と子どもたちの健全な生活への配慮を条例改正で作って欲しい。」と要望してきました。

高層マンション計画が仮に何の配慮も変更もないまま進められたとしても、将来、同じような問題に新宿区の保育園保護者が直面した時、子どもたちの健康・安全が脅かされるようなことがあって欲しくない。保育園の子どもたちを守るために親が企業や行政に働きかける負担を少しでも減らしたいという思いで要望してきました。

約2年間、苦しい中でも頑張って活動してきた結果が実を結びました。

会発足当初から超党派でご相談にのっていただき、条例改正に真剣に取り組んでくださった新宿区議の先生方、条例の内容を研究・検討してくださった建築調整課の皆様に心より感謝申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

新宿区中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例の一部が改正されます。 新宿第二保育園 おひさまを守る会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる